前へ
次へ

地震に備えてブロック塀を交換する外構工事

古い住宅で生活していると問題点がいくつも見つかるもので、外壁ブロックに鉄筋が入っていない事が分かり、危険だと考えたので即座に外構工事を開始しました。鉄筋が入っていない外壁ブロックは、震度が低い地震でも倒壊する恐れがあると聞いたので、事故が起きる前に外構工事を済ませておいて良かったと思えます。新しく取り付けた外壁ブロックは太い鉄筋が入っているのですが、耐久性が高くても料金が安いところが魅力的です。雨水に対する強さも重視しており、隙間から雨水が入り込む事によって、鉄が錆びてしまう心配もありません。カラーデザインにこだわって選べるところも、外構工事を行いたくなった理由の一つで、今までよりも温かみのある住宅デザインになっています。ブロックの一部を削り取る必要があるので、大きな騒音が発生しないか心配だったのですが、短時間で作業が終わったので近所迷惑にもなっていません。これだけ快適な空間を作れるのであれば、違う部分の外構工事も行いたくなってきます。

Page Top