前へ
次へ

外構工事とエクステリアの違い、意味に違いある

外構工事を考えている人の中には、エクステリアと言う言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。細かく言えば、エクステリアも外構工事による内容ですが、装飾による意味合いを強く持ち合わせています。インテリアは、室内の装飾を表す言葉であり、逆にエクステリアは、外観の装飾と言えば理解しやすくあるでしょう。ブロック塀だけを作る内容も、外構工事の一つであり、エクステリアと呼べるような内容ではありません。エクステリアには、2つの考え方があります。一つは、クローズデザインと呼ばれる、外からの視線を遮断する内容です。もう一つは、オープンデザインと呼ばれる内容であり、ブロックやフェンスを極力取り除く内容があります。オープンデザインの中には、そのまま駐車場に使ったり、シンプルな印象を作り出すデザインです。従来は、外構工事もエクステリアも同じ様に扱われていましたが、近年は区別する傾向もあり、違いについて押さえておいた方が良いでしょう。

Page Top